ムービーネ

いいね!と思った映画をレビューする映画ブログ


【レビュー】「おおかみこどもの雨と雪」子育ての重みを学べる作品!?


おおかみこどもの雨と雪 BD(本編1枚+特典ディスク1枚) [Blu-ray]

私が子育てをするようになってから見た映画です。おおかみこどもがテーマですが、実際の人間の世界でもありがちなことばかり。そのため子育て中の方にみてほしい映画の一つです。(寄稿ライター:看護師、42歳、女性)

あらすじ

 19歳の大学生花は、あるときおおかみおとこと運命的な恋に落ち、やがて雪と雨という姉弟が誕生する。彼らは、人間とおおかみの両方の血を引くおおかみこどもとしてこの世に生まれたのだが、そのことは誰にも知られてはならなかった。人目を忍びながらも家族四人で仲良く都会の一角で暮らしていたが、ある日、一家を不幸が襲い……。引用元

予告動画

www.youtube.com

www.youtube.com

オススメ度 8・・・★★★★★★★★☆☆

核家族で子育てをすることって大変。ワンオペ育児になりがちですし、だれにも相談できず、引きこもり育児になりがち。

そんな現代の育児を描いたのが、このおおかみこどもの雨と雪です。
おおかみと人間のハーフに生まれた子供二人のため、人目につくようなことは避けなければいけない、また亡くなったおおかみ夫のために子供を立派に育てなくてはいけないというプレッシャーから、押しつぶされそうになりながらも、たくましい母になる姿が描かれています。
誰もが、子供を産んだからといってすぐに母親になるわけではありません。

子供とともに成長して母になるのですね。頭ではわかっていても、子供にはついつい厳しくしてしつけをすることも。

この映画ではおおかみこどもであるため、子供たちは本能のままに動くことが多いです。

それを押さえつけるというのではなく、できるだけ子供たちの成長のために良い環境を求めて、母は模索し続けるのですね。

その模索し続ける姿は、今のままの育児でいいのかと悩み続ける現代の母の姿に重なります。
この映画を見ると、どんなことも間違ってないんだなあ。

子供は親を見ているんだなあと安心感を得ることができます。

悩んでいる母親を勇気づけてくれる映画だと思います。

(寄稿ライター:めぐみっち)

おおかみこどもの雨と雪 BD(本編1枚+特典ディスク1枚) [Blu-ray]

おおかみこどもの雨と雪 BD(本編1枚+特典ディスク1枚) [Blu-ray]