ムービーネ

いいね!と思った映画をレビューする映画ブログ


【レビュー】「真夏の方程式」は超名作!?福山雅治の名演技に注目


真夏の方程式

今回はあのガリレオシリーズから映画化された東野圭吾原作「真夏の方程式」を紹介します

映画版前作である「容疑者Xの献身」はとても評価の高い作品ですが、この映画はそれをも超える名作かもしれません。

 

あらすじ

きれいな海に面した玻璃ヶ浦で計画されている、海底鉱物資源の開発。その説明会に招待された物理学者・湯川学(福山雅治)は、緑岩荘という旅館を滞在先に選ぶ。そして、そこで夏休みを過ごす旅館を営む川畑夫婦(前田吟風吹ジュン)のおい、恭平と知り合う。次の朝、堤防下の岩場で緑岩荘に宿泊していたもう一人の客・塚原の変死体が発見される。図らずも事件に直面した湯川は、旅館廃業を考えていたという川畑夫婦や、夫婦の娘で環境保護活動に奔走する成実(杏)らと塚原の思わぬ因縁を知る。 引用元

 プレビュー動画

www.youtube.com

オススメ度 8・・・★★★★★★★★☆☆

大変良い映画です おすすめ度は★8

ガリレオシリーズの映画版はこの作品の前に「容疑者xの献身」がありますが、こちらの作品はそれ以上の名作かもしれません

ガリレオシリーズはテレビドラマでは物理学に大きく焦点を当てていますが、映画版は打って変って主人公湯川の人間性や登場人物の心情に焦点が当てられています

 

そして何よりシリアスです

東野圭吾原作の映画にはよく当てはまることですが、ハッピーエンドでは終われないような難しい問題に対して真摯に向き合う内容になっているところに注目です

つまり普通に小説・映画を作るなら避けた方が楽だと思われる難易度の高いテーマ設定をあえて取り入れているということです

私はこのような作品を高く評価したいです

何故なら「頭が良くないと作れない」から

論理的に物事を解釈できる人間でないと、結論の出ない難しいテーマについて上手い着地点を見つける事が出来ません

逆にテーマだけ一丁前で中身がスッカラカンの映画は溢れるほどありますからね(^^;)

その点この「真夏の方程式」は高評価に値する出来です

 

あと今作は湯川を演じる福山雅治の演技がとても素晴らしいです

正直「容疑者xの献身」では役柄を意識しすぎてわざとらしい演技になっていましたが、「真夏の方程式」ではバッチリ湯川のイメージに合致した演技を見せています

そのせいか映画そのものの深みも増した気がしますね^^